2006年10月13日

遅ればせながら

劇場版 機動戦士ZガンダムI〜IIIを、DVDで観ました。

自分のHPで、声優の変更うんぬんのバナーを掲げておきながら、
今更なんですけどね。
「新訳」と称しているものの、声優の変更が気になって、
映画館へ、足を運ばなかったのです。
で、今になって、やはり観たい!と思ったわけでして。

ついでに、機動戦士Zガンダム TVシリーズのDVDもレンタルして、
気になるとこだけ比較してみました。

確かに声優の変更に、違和感は感じてしまうものの、
あくまで、これは「新訳」なのだな、と改めて実感することができました。
wikiを改めて観たのですが、いっぱい変更があったのですね。
気がついたのは、数える程度しか…ファン失格!?

オリジナルの旧作カットに、新作カットを加え、
エイジングという処理を施しているのですが、
まぁ多少の違和感はあるものの、なかなかいい感じの映像でした。
要所要所で、オリジナルを活かしつつ、新作カットを加えているので、
戦闘シーンが、さらにカッコよくなっていたりしますね。
やっぱり、Zガンダムを初めとして、この作品は、
カッコいいモビルスーツがいっぱいです〜

また、機動戦士ガンダム 逆襲のシャアも借りちゃいました。
自分の中でのガンダムは、ここで終わってますね。
CGで描かれた、スペースコロニー スウィート・ウォーターが、
違和感無く、合成されているのが、とても印象的。
しかし、アムロとシャアの決着は、あれでいいのか?と今でも思う。
#そうそう、話は全然違うけど、今のアニメって、全てCG?

1stとZは、劇場版になったからいいけど、
ZZは、どうなるんでしょうねぇ…「新訳」化はありえるのか!?
posted by かたつむり at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。