2011年01月29日

備忘録 日本語入力切替

MacBookでトリプルブート環境を構築したはいいが、
ひとつ困った事がある。それは・・・
BootCampのWindowsOSにおける本語入力切替

以前構築した時、Vistaでは問題なかったように記憶しているのだが、
XP,Vista共に、日本語入力切替の時、いちいちIMEをクリックしないといけないのだ。
当たり前と言われればそうなのだが、キーボードで日本語入力切替をしたいのだ。

MacBookの英数キーとかなキーで、日本語入力切替が出来ればいいのだが、
何の反応もしてくれないので、困ってしまう。
で、それを解決してくれるのが、下記のソフト。

CmdSpace(Ver 1.1.0)
http://www.h5.dion.ne.jp/~pollux/
(フリーソフト)

BootCampのXP,Vistaにて動作確認済み。
IMEのプロパティで、編集操作タブのキー設定でCtrl+SPACEの定義をIME-オン/オフに設定し、
ユーザー定義にしてから、CmdSpaceの設定も併せて変える事。


紹介記事もあるので、こちらもリンクしておこう。

なぞのダイアリー
Winでもコマンド+スペースを!
http://www.tanaka.tc/archives/000014.html

でも、これで万事解決ではない。
何故なら、キーボードの文字表記と入力文字が一緒ではないからだ。
例えば、@マーク、これは、SHIFT+2(ふ)キーで出る。
+は、SHIFT+(へ)キーで出る
困った事に、XPとVistaで挙動が違うので、ややこしい。
OSインストール時のキーボードは、確かに、日本語キーボードにしたし、
もしやと思って、ドライバも更新(BootCampドライバ)したのだが、
何がいけないのか、よくわからない状態。
XPのIMEには、ソフトキーボードがあるので、まだ楽なのだが、
VistaのIMEでは、ソフトキーボードがないので・・・

また、OSの再インストールか!?やりたくねぇ〜

ではでは。
posted by かたつむり at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。