2012年09月22日

真っ白に燃え尽きちまったぜ…

APSフィルム出荷終了のお知らせ
*富士フイルム

さよならAPS 富士がフィルム出荷終了
*ITmedia

自分は、APSユーザーなのだ。
が、しかし、販売終了後も多少は在庫が残っていると、
甘い甘い考えでいた。
今日、近くのカメラ店に伺った所、
「当店に在庫はありません。
 例え他店で在庫があったとしても、フイルムの期限切れでしょう。」
との事で、APSはマジで終わったな…と思い知らされた。

インデックスプリントに魅せられ、APSを選択したのだが、
同じ頃販売が始まった、デジタルカメラの勢いがすごかった。
自分も、コンパクトデジタルカメラを所有しているが、
確かに便利だと思う。
撮った画像をすぐ確認できるし、
メモリーカードを複数所持すれば、
フィルム切れ(容量いっぱい)なんて事もない。
APSだって、フィルム交換機能があったりして、
写真の撮り分けが可能だった。
(例えば、カラーとセピアとか。)
コンパクトデジタルカメラでも、同様の機能がある。
今現在、何をとっても、フィルムカメラが、
対抗できるものは無いと言えよう。
まだ、使い切りカメラが売られているくらいだから、
フィルム自体がなくなるのは、もう少し先だろう。
でも、近い将来無くなりそうな気がする…

加えて、コンパクトデジタルカメラでも失敗している。
そう、メモリーカードだ。
我が家にあるのは、xDピクチャーカードの、コンパクトデジタルカメラ。
2台目の購入だったのだが、
その当時は、フィルムメーカーのカード規格だからと、
安心していたのだ。
が、しかし、皆さんもご存知の通り、
デファクトスタンダードは、SD系のカードだ。
「若さ故の過ちか…」

APSにxDピクチャーカードと続けざまに失敗している。
だからこそ、デジタル一眼レフカメラに手を出したくても、
躊躇してしまうのである。
でも、いつかは、デジタル一眼レフカメラが欲しい。
今度こそ、失敗したくない。
年内は無理でも、近い将来購入したいと考えている。

ではでは。
posted by かたつむり at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。