2012年12月22日

パーソナルコンピュータ(パソコン)

家のカミさんが使ってるMacBookが…危ない。
っていうか、なんでキーボードカバーないのに、
キーボードに、お茶こぼすんだよぉ〜;;
あわててお茶を拭き、本体を逆さまにした。
しばらくしてから、本体を元に戻したが、
enterキーとspaceキーが、おかしくなってしまった。
まいったな、こりゃ。
慌てて、Windows用のキーボード(USB)を繋いで、
とりあえずしのいでいる。
でも、他にもおかしいと思える事があって…
・やたらとCPUファンが廻る
 (新型を購入した頃からずっと。自分のMacBookは、そんな事はない。)
・レインボーカーソルになりやすい
 (いくらマルチタスクとは言え、やたらとソフトを起動しているせいか?)

そして、キーボードの上にお茶をこぼしてから、
電源を入れて、デスクトップ画面になるまで、
約10分もかかるようになってしまた。
これはまさに、「壊れています、助けて〜」と言っている様な物。
2人共、13-inch Early 2008モデルのMacBookを使っているが、
もう少し長持ちしてもらわないと…と思っている。
でも、このままじゃ、本当に起動すら出来なくなる恐れがあるため、
買い替えを考えないといけないかなぁ…

ちょっと前段が長くなってしまったが、
Macも取り扱っているヤマダ電機に行く事にした。
DOS/V機とは、明らかに違う値段設定。
安くなったと言っても、DOS/Vと比較すると、高く感じる。
まぁ一概に、比較できない部分もあるだろうけど…
Macのラインナップは、
・iMac
・Mac mini
・Mac Pro
・MacBook Pro
・MacBook Air
となっている訳だが、この中からコストパフォーマンスを考えると、
iMacかMacBook Air辺りだろうか。
カミさんいわく、「画面が小さいから、今度はでかいのがいい。」との事。
そりゃ、気持はわかるが、置き場所に困る。
今までの使用環境から考えれば、ノート型が向いていると思う。
寝そべって、使ってたりしたしね。今は、iPhone 5の使い方がそうだけど。
カミさんも、一長一短があるのはわかっていて、
選択に悩んでいるようだ。うぅ〜む、む、む、む、む…

で、冬のボーナス商戦、真っ只中のDOS/Vコーナーへ。
とりあえず見たのは、ノート型。
タッチパネルのはどれだろう?と、画面を触っていたら、
店員が近づいてきて、「タッチパネルで、お探しですか?」
と、しめた、これはチャンス!!
いや、今度のOS(Windows 8)では、
GUIが、ガラッと変わっているじゃないですか。
雑誌を見ただけじゃ、よくわからなくて…

【百聞は一見に如かず】
自分が訊こうとすると、その前に、あたかもメンタリストのごとく、
自分の疑問に思っている事を、教えてくれるのだ。
「ん?これって、乗せられている?」とも思ったが、
とにかく、話を聞く事にした。
自分でも、ある程度は下調べをしていたので、
ちんぷんかんぷんって事はなかったのだが、
やっぱりプロですね、言う事がうまい。
危うく、本当に乗せられる所だった(^^;;;
なんとかうまく切り上げられたのだが、
最後に名刺を頂いた。
こういうケースって、よくあるパターンだとは思うけど、
店員もこちらの購買意欲を見抜いていて、
「何かあれば勉強します」のアピールだと、
自分は勝手に解釈している。

Macを見に行ったはずだったのに、
結局、DOS/V(Windows 8)がメインになってしまった。

さてさて、どうしますかね?…

ではでは。
posted by かたつむり at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。