2007年01月16日

ついにきたか

Windows Vista搭載パソコンが、一斉に発表されたようです。

Windows Vista特集
※Impress Watch

物欲がふつふつと…

やっやばい、落ち着かなくては。
自分が使っているEPSON DIRECTのMR2000だって、
まだまだ、十分使えるのだ。
が、人間の慣れとはおそろしいもので、
処理速度ではなく、起動速度にガマンができなくなってきている。
まぁ使っているうちに、自然と遅くなるのはわかっているのだが、
なんでかなぁ〜、もっと速く起動せぇ〜!!みたいになる。

わかる、わかる、スタンバイにしておけばいいんだよね。
テレビやビデオの主電源を、切らないのと同じだよね。うんうん…
でもさ、スタンバイや休止させるにも時間が、
きっと、HDDの回転数が。
えぇ〜でも、一応S-ATAで、7,200rpmのはずや。
復帰するのは、まぁ確かに速いんだけどね。

おかしい、十分なはずや。欲張りすぎや。

だが、今この記事を書いている、
IBMのThinkPadG41なら、HDDの回転数は遅い。おそらく4,200rpmや。
まぁ、ノート型だと、デスクトップ型の1〜2世代前の、
スペックになりがちだから、仕方ないんだけど。

そんなことはさておき、今度のWindows Vistaって、4種類もあるんですね…

Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate

上2つが、個人向け。Businessは、その名のとおり、企業向け。
一番下が、欲張りな人向け。って、感じですかね。
発表になった、2007春モデルのパソコンをみると、
コスト重視で、Home Basicを、性能重視で、Home Premiumを
と区分けしているように、見受けられた。

まぁ何にしても、『欲しいと思った時が買い時』
なんて言われたりもしますが、今回はどうでしょうねぇ…

果たして、自分は?…
『こんにちは、Macです』なんて事になったりして、まさかねぇ。
posted by かたつむり at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。